住まいづくり考の最近のブログ記事

造作キッチン

先週末に完成見学会を開催しました柏の物件、お施主様の強いご希望で、造作キッチンを作成しました。以前にも造作しておりますが、ちょっと久しぶりでした。 

食洗機や電気オーブンは海外製で大きなものを取り付けて、それに合わせてシナ合板で箱を造り、同じシナ面材の扉、特注のステンレスカウンターを乗せた、シンプルな仕上げです。これから柿渋塗装をして撥水効果のあるクリア塗装で完了です。 

キッチンレンジフードも変わっていて、壁に納まるすっきりタイプです。コンロ側は弊社の親方が作成しまして、シンク側の方は私が作成しました。 

工場で面材の切断をして、現場で組み立てを行いましたが、さすがに一人では無理でしたので、三宅・大塚に手伝ってもらい何とか完成です。水栓・食洗機の取付に来た水道屋さんもびっくりしてました。 

色々と寸法など考えていただく事になりまのすので、お施主様にも大変な作業となりますが、お手入れ次第では一生物になると思います。 

  

 

IMG_2118.jpg   

IMG_2119.jpg   

IMG_2120.jpg

この夏は、土地探し!

皆様、こんにちは。

営業の島津です。

6月に開催させていただきました、土地のセミナーには、ただ今、土地探し中の方から、これから土地探しをスタートするのに、どう動いたらいいかわからない・・という方まで、お越しいただきまして、誠にありがとうございました。

セミナーでは、土地の探し方から、金額、相場、拠点となる土地の定め方、等々、土地の選定の仕方を皆様と一緒に考えました。注文住宅を建築するにあたり、土地と建物の資金の割合を定めるのに、高い土地でも、土地優先で決めると、どうしても建物でしわ寄せがきてしまい、逆だと、なかなかいい土地が見つからない・・・とのジレンマから、どう見分けていくのかを、お伝えいたしました。また、銀行面からもどう見ていくのか、お借入状況ですね、も一緒に考え、とても短いお時間でしたが、深くまで皆様とお話しができました。

とても真剣に聞く耳を立ててくださり、皆様、誠にありがとうございました。

そこで参加してくださった方々や、その後の見学会でお会いさせていただいた方々の中で、最近は、お土地がこれから・・・という方も多く、ただ今、私は、ほぼ、土地探しでお外にいる時間が一日のうちのほとんど・・・となってまいりました。笑

おかげさまで腕なんて・・・真っ黒 (泣)

最近、土地購入時に、感じるのは、私たち、土地を探している土地購入者となる側は、どうしても、たとえば、解体してほしい、とか、こういう条件でなら購入します、等々、土地の売主さんへの要望がどうしても先に立ってしまいます。

これは当たり前なのですが、通常、売主さんも私たち買主側も、立場は同じなんです。

お互いに、もちろん交渉を重ねながら進めていくのですが、売主さん側も、あまりにも無理難題を押し付けられたら、売りたくなくなってしまいますので、お互いに、譲歩しながら、また土地の価格についてもタイミングが非常に重要になってきますので、そんなこんなを、頭に入れながら進めていきます。

少しくらいは、ご条件にそぐわなくとも、根気強く交渉を進めていくことが重要です。

せっかく、ご夫婦での幸せな生活の拠点となる土地が定まったなら・・・手に入れるまで頑張って交渉していきましょうね。

ここ最近、お引渡しや、お打合せ、また、見学会等で、素敵なご夫婦にお会いすることが多く、うらやましい限りですが、(笑)ご家族で、お家を造っていく作業って、本当に楽しいですよね。そして・・・見ていてとっても微笑ましい光景です。

ご夫婦で相手を想いながら、お互いの希望を盛り込んでお家造りをお進めていく・・・、土地購入時も、おんなじですよね。

相手の立場も考えながら進めていくと・・・なにかとスムーズに進む・・・う?ん、なんか私自身にも言えることかもしれない・・・

人生、勉強の連続です。

土地探しのあれこれ・・・

皆様、こんにちは。

住工房の島津です。

本日は、土地探しから、頑張っていらっしゃる皆様へ・・・

住宅建築のために土地を購入し、いざ、住宅を建てようとしたとき家を建てることができない土地だった、とか、また、思わぬことで、大きい金額がプラスでかかってしまったり・・・という事例を聞くことがあります。

土地選びは色々な角度から見ていく必要があります。

いくつか土地購入の際に気を付けたい点を少しご紹介しますと・・・

土地には、土地の前に隣接している道に2メートル以上接していなければいけない、という接道義務があります。地域によっては4mということも。 

これは、火災や緊急時に消防車などの大型車が通れるように。という意味もあるんです。

市街化調整区域のために住宅が建築できない、というのもあります。

こういう地域では、その指定を受ける前から、住宅建設用に所有していた土地を除き、個人の一戸建て住居は建てられません。

高圧送電線が真上に走り住宅建設規制されている、というのもあります。

また、購入した土地に、お家のプランも完成し、いざ、建築スタート!となった時、土地を掘ったら、大量のガラが(色々な廃材等)が出てきてしまい、撤去代は、売主と買主の半々でもつのか、売主がもつのか、等々、購入した後々のことも、ある程度考えられることは、土地を選ぶ際、また、購入される際に、しっかりと確認したいものです。

また、土地の高さが、少し高い、(高低差がある)ような土地ですと、建築する際に通常よりも費用が多くかかってきたりします。(土地にもよります)それは、ご想像できることと思いますが、資材等を重機等で持ち上げたりする際に、平らな土地よりも、ひと手間、かかる可能性があるからです。

それ以外にも、"土地選び"は、土地だけ売買する不動産よりも、注文住宅を建築することをお考えの場合は、土地購入の前に、一度、建築会社へご相談された方が、その後の建築がスムーズに運びます。

当社でなくとも、建物を検討している建築会社へ一度、土地選びの際にお声掛けをされることをお勧めします。

これだけ、ずらずら・・・と書いておいて、なんですが、土地選びは、周りの生活環境をみることはもちろんですが、なにより、旦那様、奥様、ご家族様が現地へ行かれた時に、"いいかも!"と感じられるインスピレーションが土地決定の際に一番肝心なポイントですよね・・・

いいところ、ばかりでなく、その土地の難点をも、カバーができる!と思える、気に入ったところ、があれば、その土地は、そのご家族様にとって"いい土地"なのではないでしょうか?

最近、土地探しからのご家族様をあちこちご案内させていただいております。

私も、初めての土地へご案内の際、お客様へのご案内前は、現地に何度となく足を運び、周りの環境を含めてよく観察したり、車を停めてご近所さんと、世間話をしたりして、その地の情報を集めます。

皆様がそこを拠点に、これから新しい生活がスタートする地です。

私も、ご紹介させていただく際は、一つ一つ確認して、お勧めしにくい場所は、さけたりもします。ご紹介した土地に、ご案内した時に、皆様がいいインスピレーションを感じることに、集中できるように、それ以外の、色々な"その土地の条件"は事前に調べたりします。

土地探し、探す際は、しっかりと確認して前に進んでいきたいものですよね。

ACTUS(アクタス)家具はじめました

住工房スタイルでアクタス家具の取り扱いを始めました 

一般に店舗でご購入されるより、お安くお買い求めいただけます 

で、本日アクタス幕張店まで視察に行って参りました 

IMG_3171.JPG 

これはドラマ「ロンバケ」でキムタクの部屋にあったソファーのモデル

ヴィンテージ感のある本革使いがにくいです 

IMG_3192.JPG 

こちらはデザインとクォリティの高さで知られるイタリアの 

ポラダ社のコーナー 

サーフボード型の姿見が何ともおしゃれ 

IMG_3187.JPG 

このアルミ製のイスはアメリカのエメコ社の「ネイビーチェア」 

もともとアメリカ合衆国で潜水艦や船で使用するために生産 

されていたものなので、 

とっても軽く、片手で楽に持ち上げられます  

コアのファンも多いとか 

IMG_3185.JPG 

こちらはロータイプのダイニングテーブル 

ソファーに座って食事ができるのがいいですね 

 

これらアクタスの家具をどうして住工房スタイルが取り扱いを 

始めたかと申しますと、 

家具の代金を住宅ローンに組み込むことができるからなんです 

新築時に揃える家具の代金って結構ばかになりませんよね 

金利の安い住宅ローンでまかなえれば 

それはそれで便利かと 

詳しくはどうぞお問合せください 

 

住工房スタッフ
  • 大野 喜孝
     
  • 高須 辰也
     
  • 篠田 夕香理
     
  • 野口 愛深
     
  • 東田 英
     
  • 三宅 凌
     
  • 石井 隆
     
  • 大塚 孟亮
     
見学会のお知らせ
住工房スタイルHPはこちら
HIRAKU
一冊カタログのお申し込み