2015年8月アーカイブ

ひかるどろだんご

はじめまして!
設計の大塚と申します。

新築住宅やリフォームをする際には、利用できる補助金制度がいろいろとあります。

この補助金制度について、知らない方が多いと思いますが、

補助金には、条件があったり、募集の時期が制限されていたりして、補助金がもらえない!なんてことも。
家は金額が大きい分、補助金の額も大きいので、そこはしっかりチェックしておくべきことだと思います。


そこで、8月30日に、当社にて補助金の説明会を開催いたします。
とても役に立つ話だと思うので、ちょっとでも気になった方はぜひぜひご参加ください!
詳しくは、ホームページにも掲載しておりますので、そちらをご覧ください。

それと同時に、ジャパンホームシールドさんによる、光るどろだんご教室が行われます。

昨日その光るどろだんご作りをスタッフみんなでやってみました。

ひかるどろだんごと聞いて、はじめは発光剤とかいれて光るようにするのかな?と思っていたら、出てきたのは、ふつうのどろだんご。

どうやら、ふつうのどろだんごを磨きに磨いてピッカピカに光らせるようです。

子どもがとても喜びそうなイベントだなー!とか思っていたのですが、やってみたら相当ハマり、大の大人がみんな真剣!笑

けっこう難しく、どうやったら綺麗になるんだろうかと悪戦苦闘。。。

予定よりも1時間オーバーするほど熱中しました。笑

ブログ3.jpg

結果、思ってた以上にピカピカになって、なかなかの達成感を感じました!笑

この後も、どろだんごに含まれている水分が抜けていき、色や質の変化を楽しめるようです!

 KAAF

   初めまして。

  今週、初めてブログを担当することになった石井隆です。よろしくお願いします。

   私は、設計を担当しています。図面と格闘する日々です。でも、休日は趣味と実益を兼ねて農業をしています。

 上福田で農業をいているので、上福田のKA、農業(Agliculture)のA、力(Force)FでKAAFです。

  本業の方には、申し訳ないのですが、仕事でなく趣味程度の遊びなので、無理のない範囲で気の向くままに 今の時期は主にお米作っています。

 周りの人と同じことをしても、おもしろくないので、肥料なし、除草剤一回、稲の生育を邪魔しないようにしたいと考えていますが、当たり前なのですが、

 植物は話さないので、まったく私の思い道理にはなりません、でもそこが面白いところだと、わたしは感じています。

 農業遊びは続きます。

  これが今朝の水田の様子です。九月の初めには新米になります。おいしそうです。

 DSC00121.JPG

 

セミって夜鳴きましたっけ?

人に会うと「暑いですねー」から会話が始まります。

今年の夏、初めて気が付いたんですが、蝉って夜鳴くものでしたっけ?昔、昼はミンミンゼミとクマゼミ、夕方になるとヒグラシが鳴き、夜になるとまた別の虫が鳴いていました。これぞ夏の夜の風情だったんですが。それが今は、「カナカナカナ」というあの涼しげなヒグラシの鳴き声をもかき消す蝉がいます。その蝉は一日中、たぶん一晩中全力で鳴いています。FullSizeRender.jpg事務所と自宅の裏は↑こんな感じですので、ここから毎晩大合唱が聞こえてきます。昨晩は1時くらいまで起きていたんですが、周りが静かなだけに相当うるさかったですよー。逆にそんなに長時間鳴いて大丈夫?

そこで、夜鳴く蝉について少し調べてみました。実は、10年ほど前からこの現象は始まっていたようです。蝉は明るさ というよりは気温が高くなると鳴き始めるという習性があり、夜になっても気温が下がらないと鳴き続けるということのようです。種類にもよるらしく、夜鳴いているのはニイニイゼミかアブラゼミがほとんどだそうです。

こんなところにも温暖化の影響が出ているんですね。行き着くところ、なんでも地球温暖化!のようになっていますが、やはり感心を持たずにはいられないと思います。

蝉も人間も静かな夜を取り戻して、次の世代にも日本の夏の風情を引き継ぎたいものです。

Xin chao !!!!!

こんにちは=Xin chao(シンチャオ)

英語ならハローとか、中国語ならニーハオ、何となくわかりますが

シンチャオは中々聞かないですよね、

なぜ、私がこんな事を急に言い出してるのかと言いますと、7/頭頃から弊社にベトナムから19歳と20歳のベトナム人が大工になる為に来日しています。ベトナムでも学校で建築や日本語を一生懸命勉強して、たくさんの希望者の中から選ばれてきた2人です。

日本に来てからは、弊社スタッフの東田が隣の家に住みw、もはや兄弟同然で面倒を見ています。

現場では棟梁やみんなに仕事を教わりながら一生懸命やっています!

2015-08-04 19.10.38.jpg

近年、若者で大工になる人が少なく、弊社としても10年後20年後を見たとき今の大工さんがどのくらい現役でやれているかは未知です。そこで社長が対策として取り入れた事です。

圏友協同組合という組合に入り、外国人技能実習生という形で迎え入れています。

弊社以外にも86社前後の会社がこの組合に参加していて、私も現場に行くとたまに取引先の会社のベトナム人の職人と行き会うことがあります。仕事は日本人よりもまじめで、一生懸命な印象です。

ソンとトゥーも日々一生懸命学んでいます。

異国の地に来て、仕事、生活を一生懸命頑張る彼らはすごいですね、尊敬できます。

みなさんももし会うことがあれば話かけてみてください!

住工房スタッフ
  • 代表 野口 浩
     
  • 野口 徹
     
  • 大野 喜孝
     
  • 高須 辰也
     
  • 黒川 佳津子
     
  • 篠田 夕香理
     
  • 東田 英
     
  • 島津 好江
     
見学会のお知らせ
住工房スタイルHPはこちら
HIRAKU
一冊カタログのお申し込み