開放的≠プライバシー

設計の高須です。

先日、土浦市で完成見学会を行ったのですが、その際に感じた事がありました。

 

完成見学会の会場は南側に道路がある敷地でした。

敷地の南側が道路だと、明るくていいな。と思う方もいらっしゃると思います。

 

しかし、敷地の並びのお家の見てみると、天候が晴れであったにも関わらず、日中ほとんどのお家がレースカーテンを閉めていました。

南側には冬の日射を大きく取り入れる窓は配置されているのですが、プライバシーを保つために閉じられているのです。

 

これでいいのかな?と思いました。

 

それでは熱が逃げるだけの窓となってしまうのではないか。

そもそも、冬は熱を逃がしたくないのです。

日射が入れば、室内は暖かくなるのに。

 

暮らし方もありますが、プライバシーを保ちながら窓を開けておける設計になっていないのです。

南側の日射を取り入れるいい位置に窓があっても、活用が出来なければ弱点となります。

 

弊社では、人目を気にする事が無いよう、格子等のご提案をさせて頂いております。

完成見学会を行った現場でも、南側に格子を付けております。

 

住まわれる方のその後の暮らしの事を、建築を請け負う側がしっかりと考えご提案をしなければいけないですね。

 

そんな事を、ふと感じました。