土地探しのあれこれ・・・

皆様、こんにちは。

住工房の島津です。

本日は、土地探しから、頑張っていらっしゃる皆様へ・・・

住宅建築のために土地を購入し、いざ、住宅を建てようとしたとき家を建てることができない土地だった、とか、また、思わぬことで、大きい金額がプラスでかかってしまったり・・・という事例を聞くことがあります。

土地選びは色々な角度から見ていく必要があります。

いくつか土地購入の際に気を付けたい点を少しご紹介しますと・・・

土地には、土地の前に隣接している道に2メートル以上接していなければいけない、という接道義務があります。地域によっては4mということも。 

これは、火災や緊急時に消防車などの大型車が通れるように。という意味もあるんです。

市街化調整区域のために住宅が建築できない、というのもあります。

こういう地域では、その指定を受ける前から、住宅建設用に所有していた土地を除き、個人の一戸建て住居は建てられません。

高圧送電線が真上に走り住宅建設規制されている、というのもあります。

また、購入した土地に、お家のプランも完成し、いざ、建築スタート!となった時、土地を掘ったら、大量のガラが(色々な廃材等)が出てきてしまい、撤去代は、売主と買主の半々でもつのか、売主がもつのか、等々、購入した後々のことも、ある程度考えられることは、土地を選ぶ際、また、購入される際に、しっかりと確認したいものです。

また、土地の高さが、少し高い、(高低差がある)ような土地ですと、建築する際に通常よりも費用が多くかかってきたりします。(土地にもよります)それは、ご想像できることと思いますが、資材等を重機等で持ち上げたりする際に、平らな土地よりも、ひと手間、かかる可能性があるからです。

それ以外にも、"土地選び"は、土地だけ売買する不動産よりも、注文住宅を建築することをお考えの場合は、土地購入の前に、一度、建築会社へご相談された方が、その後の建築がスムーズに運びます。

当社でなくとも、建物を検討している建築会社へ一度、土地選びの際にお声掛けをされることをお勧めします。

これだけ、ずらずら・・・と書いておいて、なんですが、土地選びは、周りの生活環境をみることはもちろんですが、なにより、旦那様、奥様、ご家族様が現地へ行かれた時に、"いいかも!"と感じられるインスピレーションが土地決定の際に一番肝心なポイントですよね・・・

いいところ、ばかりでなく、その土地の難点をも、カバーができる!と思える、気に入ったところ、があれば、その土地は、そのご家族様にとって"いい土地"なのではないでしょうか?

最近、土地探しからのご家族様をあちこちご案内させていただいております。

私も、初めての土地へご案内の際、お客様へのご案内前は、現地に何度となく足を運び、周りの環境を含めてよく観察したり、車を停めてご近所さんと、世間話をしたりして、その地の情報を集めます。

皆様がそこを拠点に、これから新しい生活がスタートする地です。

私も、ご紹介させていただく際は、一つ一つ確認して、お勧めしにくい場所は、さけたりもします。ご紹介した土地に、ご案内した時に、皆様がいいインスピレーションを感じることに、集中できるように、それ以外の、色々な"その土地の条件"は事前に調べたりします。

土地探し、探す際は、しっかりと確認して前に進んでいきたいものですよね。